看護師の手当て

看護師は人の命を預かる重要な仕事なので精神的ストレスも相当なものです。その大変さを考慮されているので、一般的な労働より高賃金であると言えるでしょう。特に夜勤の手当てがいいようです。夜勤をした場合の手当の一般的な金額は?実際の手当の平均金額ですが、

正看護師が準夜勤をした場合の手当が4000円、通常夜勤で6000円ほどらしいです。これらの金額は病院によりかなり差があるので、あくまで平均と理解してください。もっともいい医療施設では3万円支給される医療現場もあるようですが、それは稀なケースです。状況によっては12時間以上の勤務が課されたり、加えて必要な情報を書く「申し送り」を書いているうちにさらなら残業を強いられることもあります。そういった面から理解できるように、きつい夜間の勤務による手当を欲するナースたちが少数でないことが頷けます。ふつうは朝から働く日勤、夕方から深夜まで働く「準夜勤」、深夜から翌朝までの「夜勤」までというシフトが通常で、やや負担の大きい労働形態で一生懸命働く必要があります。さらに、人数が足りないことによる勤務シフトのせいで忙しすぎる病院にとっては肝要なポジションですがしょうがなく、長い時間のシフトを強いてしまうこともあります。だけれども夜は3交代制で最大8回、2交代制で4日という制限があるということがなんとか働けている要因のようです。将来もっといい制度ができたらよりよい仕事場が築けるかもしれませんが、しばらくは簡単にはいきそうにありません。というわけでナースとなったあとは健康管理や時間のとりわけ方が重要です。昼間働いた後、その日の夜勤に参加、という無理な勤務形態よりは長すぎだろ!と思うような空き時間でつぎのコマにつないでいくこともあるでしょうね~~。しっかりと自分で体調管理を行って、次の時間割に用意することがポイントです。せっかく看護系の仕事につけたんですから、予想外のつらさがあったとしてもすぐに次の職場を考えるようなことは避けたいですよね。愛されるナースで居続けるためにも余裕をもって職場でがんばることが重要になってきそうです。